医療費控除にまつわる豆知識

医療費控除とは、所得税および個人住民税において、自分自身や家族の医療費を支払った場合、適用となる控除のことです。
自分自身や家族のために支払った1年間の医療費の総額が、10万円を超えた場合には、一定の所得控除を受けることができます。
病院以外でもドラッグストアなどで購入した医薬品も控除に含まれますので、領収書やレシートは必ず残す必要があります。
また、通院や入退院時の交通費も医療費控除の対象となります。
交通費に関しては、領収証がない場合には、メモを残しておきましょう。
また、医療の内容によっては、控除されない場合もありますので、国税庁のホームページなどで確認されることをおすすめします。
ちなみに、人間ドックなど健康診断のための費用は、控除の対象外となります。